〒541-0056 大阪市中央区久太郎町4丁目2-15 星和CITY B.L.D御堂8階 電話マーク 06-6210-2258

教材・教具

教材・教具

学校現場に即座に対応

当法人では、学校現場に即座に対応、臨機応変に活用可能な教材・教具・教授法の開発をしています。

特色として、黒板とチョークのみの環境、プロジェクター・ノートパソコンを使用できる環境など、どのような状況に応じても良い授業を行える柔軟性を持っています。

また当法人ではALTの個性的な才能を授業で発揮することを奨励しています。例えば音楽が得意な先生は歌を通して教えたり、絵が得意な先生はイラストを使って教えたりといった具合です。

英語を教える技術を他の能力と合わせることによって、より良い英語を学べ、生徒が英語を好きになり興味を持ち続ける習慣とすることができます。

各教材はアクティビティを通じて活用されるものがほとんどで、その代表的ツールが下記となります。

Action Songs

所謂「手遊び唄」の英語版です。当法人オリジナルCD・ジェスチャー集があります。

音とリズム、振り付けに合わせて英語に触れていき、単語習得・スムーズな発音などの育成に大きな効果を発揮します。特に小学生に対しては、体を使ったアクティビティを導入として用いることで脳が活性化し、その後の授業内容がスムーズに進行されます。

計50曲のプログラムがあり、それぞれ別の振り付け・英単語・文章が設定されています。

ジャズ・チャンツ

英語の発音をリズムと共に身につける英語教授法です。世界各国で実施されています。音楽のリズムに合わせて単語等を発音していき、スムーズな英語を身につけます。

通常のチャンツでは平坦なリズムに単語・文章を乗せて展開されますが、この方法では英語の「話し方」のリズムや流れを習得することが非常に難しくなります。

ジャズ・チャンツはそういった短所を克服した教授法で、ALTにはリズムの作り方や単語、文章のクリエイト方法についてレクチャーし、当法人オリジナルのジャズ・チャンツプログラム及び単語・文章一覧を提供します。

フラッシュカード

絵を見て英単語を答えていく教材です。右脳教育にも役立ち、直感的に英語を使用していく能力が磨かれます。初期段階では英単語そのものを記憶していくのにも役立ちます。

オリジナルのフラッシュカードは様々なカテゴリーに細分化されており、通年で多くの分野について取り組んでいくことが可能です。カテゴリーは50を超えており、1つのカテゴリーごとに10以上のカードが用意されています。

カテゴリーの例:職業(乗り物の仕事、物を作る仕事など)、食べ物(フルーツ、魚介類など)、宇宙(太陽系、惑星開発など)、建物(歴史的建造物、一般名称の建物など)、イベント(クリスマス、ハロウィーンなど)

Sight Word

フォニックス英語のメソッドを用いた、目で見て、英語を読めるようになるための教材です。

フォニックス(Phonics)とは

英語の綴り字と発音の関係を学ぶことによって、単語の正しい読み方、発音の学習を容易にさせる方法の一つです。英語圏で子ども達に英語の読み書きを教えるのに広く使われています。

例えばアルファベットではA(エイ)B(ビー)C(スィー)D(ディー)・・・となりますが、
フォニックスで読むとa(ア)b(ブ)c(ク)d(ドゥッ)・・・というような音になります。