〒541-0056 大阪市中央区久太郎町4丁目2-15 星和CITY B.L.D御堂8階 電話マーク 06-6210-2258

G-CAT

G-CAT

G-CATへの取り組み

G-CATは「GLAD-Communication Achievement Test」の略で、コミュニケーションを主体とした英語の活用により、その能力を伸長させ、かつその度合いを測定するためのプログラムです。

ここでは「英語を使えるか・理解できているか」だけでなく、「コミュニケーションをベースとした、理解に向けての取り組みができているか」を見ます。

G-CATにより、クラスのコミュニケーション能力の成長度合いと課題が明確化されます。課題に基づいて、翌年の取り組みに反映します。

G-CATでは大きく2つの取り組みが行われます。

英語によるコミュニケーション能力の測定

Hi friends

外国語活動の最初の授業と、最後の授業にて20分のG-CATテストを実施します。最初と最後の測定値の差から、児童一人ひとりの外国語活動における英語によるコミュニケーション能力の成長度合いを測定します。

G-CATテストでは、児童を5グループに分けて1グループごとに先生が3分程度のコミュニケーションを実施します。その内容をもとに、担当教諭が所定のフォーマットに児童ごとのチェックを入れていきます。

テストの内容は、「Hi,Friends」の内容に準拠しています。


チェック項目

  • ALTの話す内容を理解しているか(Listening)
  • ALTの示す文章・単語を理解しているか(Reading)
  • ALTに自ら話しかけているか(Speaking)

英語によるコミュニケーション能力の育成

各学期中に、授業内で10分程度のG-CATアクティビティを実施します。アクティビティの目標は、G-CATテストのチェック項目より1つずつ取り上げます。

児童を5グループに分けて1グループごとにALTが2分程度のコミュニケーションを実施します。その内容をもとに、担当教諭が所定のフォーマットに児童ごとのチェックを入れていきます。

G-CATアクティビティを行うことによって、既習単元の復習と相まって、学習効果が高まります。

実施アクティビティ

  • ALTの話す内容を理解しよう(Listening)
  • ALTの示す文章・単語を理解しよう(Reading)
  • ALTに自ら話しかけてみよう(Speaking)